ベンチャー企業・中小企業のみなさんへ

これまで、日本国内の特許の世界では、ベンチャー企業・中小企業と大企業とでは、様々な面で大きなレベルの差がありました。

明細書などの特許出願書類の記載内容、特許網の形成の仕方、特許出願するかどうかの判断などといった事項が積み重なり、それらが特許保護のレベルの差に明確に反映されていました。その違いは、一見して、中小企業やベンチャー企業からの特許出願とわかってしまうほど大きなものでした。

また、一般に、経済的活動範囲が大きな企業よりもそうでない企業のほうが、他社からの特許権の権利行使を受けにくく特許リスクが小さいため、特許上有利な立場になり得ますが、この点に気づかれているベンチャー企業・中小企業もほとんどありませんでした。

しかしながら、特許制度とは、出願人の事業規模を問わず、発明を保護するための制度です。

私たちには、知的財産の世界のすべてを大きく変えるだけの力はないかもしれませんが、私たちの周囲だけでも知的財産の世界観を変えたいと強く考えています。

アーウェル国際特許事務所では、特許出願の内容の良し悪しがわかる方にもそうでない方にも同等のサービスを提供しています。これは、フェイクのないものを提供するという点でたいへん重要視している考え方から来るものでもあります。